歯科の衛生面の事情

歯科で受けれる治療とは

歯が知覚過敏だと痛い歯石治療

歯石の除去は個人でもできないことはなく、ドラッグストアに行くと専用の道具を購入することができますが、個人で行うと取れる範囲が狭く効率が悪い上に、歯肉を傷つけてしまうことがあります。そのため歯科で取ってもらった方が安全で確実です。歯医者で取る場合、一般的に歯科衛生士がスケーラーという道具で歯の表面をひっかくことになりますが、歯が知覚過敏になっているとかなり痛いことがあります。痛みを感じた場合は、手を挙げて知らせるなどすればひっかき方を調整してくれたり、あるいは麻酔をかけて取ってもらうことができます。

歯科で歯石をとる時のポイント

歯科に定期健診に行くと衛生士が、歯石を除去してくれるのですが稀に痛い時があります。技術的な面であれば、本人に言いにくければ受付で一言言うか、それも言うのが嫌なのであれば歯医者を変えるかという事になるのですが、実際に歯石を除去している時にはかなり奥までクリーニングとなると痛みがひどくなってしまうこともあります。このような時には素直に痛みがある事を伝えれば、医師の判断にもよりますが大抵は歯科医が自ら麻酔を使用してクリーニングをしてくれます。どうしても歯医者に行くと何も言えないで痛みをこらえてしまい、余計に歯医者が嫌いになるという事もあるのでなんでも医師に相談をしてみるのも歯医者が苦手なことを治すポイントになります。

↑PAGE TOP